オタクに見てほしい!TVアニメ「推しが武道館行ってくれたら死ぬ」

レビュー

長年女性アイドルのオタクをやっているわたしがハマったアニメ、それが「推しが武道館いってくれたら死ぬ」です。

タイトルだけでもオタク感を感じますよね。

アニメをあまり見ないわたしが一気見するほどどハマりしたこのアニメをご紹介したいと思います。

アイドルオタクの人にはぜひ見て欲しい!絶対ハマるはず!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

推しが武道館行ってくれたら死ぬ、略して「推し武道」

「推しが武道館行ってくれたら死ぬ」はTBS、BS-TBSで2020年1月から放送されていたTVアニメで、略して「推し武道」と呼ばれています。

作者は平尾アウリさんで、全12話で構成されています。

大まかなストーリーはこちら。

フリーターのえりは、岡山県で活動している7人組の地下アイドルグループ「ChamJam」の人気最下位メンバー・舞菜の熱狂的ファンで、自他ともに認める舞菜トップオタ。そんなえりに対して舞菜も好意を抱いているのだが、押しが強すぎるえりと不器用な舞菜の間では上手く会話が成立せず、結果として塩対応だと勘違いされている状態が続いていた。お互いに想い合っているのにすれ違い続けるえりと舞菜の様子を軸に、ChamJamに加入する前かられおを応援していたくまさ、ファンになったのは最近ではあるものの空音に対して本気で恋をしている基など、様々なアイドルとファンの様子が描かれる。

Wikipediaより

アニメの舞台となってるのは岡山県。作者の平尾アウリさんも岡山県出身!

詳しい登場人物や1話ごとのストーリーは公式サイトをご覧下さい。

ここにハマる!おすすめポイント

推し武道の大まかなストーリーを紹介しましたが、次にこのアニメのおすすめポイントを紹介していきます。

1.ChamJamメンバー全員が魅力的!

まず初めにお伝えしたいのが、「ChamJam」のメンバー全員が魅力的なことです。

個人個人のChamJamに加入するまでの背景や加入してからの気持ちの葛藤など見どころたくさんです。

1人ずつ紹介していこうと思います。絶対推しが見つかるはず!

メンバー7人全員かわいいんです。

アニメを実際見ると、どの子も推したくなるほど魅力的ですし、見るたびにChamJamを応援したくなると思います。

2.アイドルとオタクの絆

これまでアイドルを中心に描いたアニメは数多く見てきましたが、推し武道のように「アイドルとオタク」を描いたアニメは珍しいと思います。

有名なアイドルではなく、「地下アイドルが武道館を目指す」、それもオタク的には見てて心にきます。

オタクの強い思いに応えるためにがんばるアイドル、それを支えるオタク。

最高です。

主なオタクとアイドルの組み合わせはこの3組です。

特にえりぴよと舞菜ちゃんのやりとりは、2人の気持ちが通じあってほしい…!!ってなります笑

3.共感できるオタクあるあるが多い

アニメの中で、推しに対しての言動に共感できることが多く出てきます。

オタクのわたしが共感できた言葉やオタクの心に響く言葉を少しご紹介します。

オタクの名言集
  • 会社員はね、休みが取れないんですよ。僕はそれで仕事を辞めました。(くまさ)

推しのために仕事をやめる勇気と決断力。すごい!

オタクの名言集
  • 私の中では最初からずっと1位だよ!(えりぴよ)

Chamjamが人気投票を行って、推しの舞菜ちゃんが最下位だったときに言った言葉です。わかります、推しはいつだって1位なんです。

オタクの名言集
  • 私以外の誰かに笑いかける舞菜を見るのはイヤだぁ~!(えりぴよ)

これまでは舞菜のファンはえりぴよさんだけだったが、基くんの妹である玲奈ちゃんも舞奈のファンになったときのセリフです。人気出てほしいけど、自分だけのものにしたい…!この気持ちわかります。

などなど。

オタクの言葉には愛がありますよね。他にもたくさん出てくるので実際にアニメを見てみてください!

今すぐ推し武道をみたい!

推し武道が気になってきた!

どうやったらアニメを見れるの?

推し武道が気になってきた人に推し武道を無料で見れる動画配信サービスをご紹介します。

初回限定で無料の配信サービスが多いですが、お得に見れますのでぜひ活用してみてください。

さいごに

今回はアニメ「推しが武道館行ってくれたら死ぬ」を紹介しました。

あまりアニメは見ないのですが、どハマりしました

いま、おうち時間が増えている人が多いと思いますので、ぜひ見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました